メアリと魔女の花を見てきたので感想です

メアリと魔女の花
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうもこんにちは、SKです。メアリと魔女の花を見てきたので感想でーす。

いやー僕が子供の頃には親が見せてくれたもんです、ジブリの映画。これジブリじゃなくてポノックだけどね。

子供の頃にもののけ姫とか千と千尋の神隠しとか観に行ったけど、いやーなんかそう考えると不思議な気持ちです。年取ったなー。

やっぱ絵がジブリなんでそんなこと考えちゃいますね。そんなことを考えながら観に行きました。

 

時は昔。魔女の国から「夜間飛行」という花の種を盗み出した赤毛の魔女がいた。しかし赤毛の魔女は、逃走中に力尽きて乗っていた箒と共に種を森に落としてしまう。

数十年後、11歳の少女メアリ・スミスは大叔母シャーロットが住む赤い館に引っ越してきたが、テレビやゲーム機が無く退屈な日々を過ごしていた。ある日、メアリは赤い館を訪れた12歳の少年ピーターと出会うが、彼の飼い猫ティブギブを追って森に辿り着いたメアリは、花開いた夜間飛行を見つけ、1輪を赤い館に持ち帰る。翌日、ティブを追って再び森に来たメアリは、赤毛の魔女が落とした箒を見つけるが、誤って夜間飛行の汁を箒に付けてしまう。すると箒は独りでに動き出し、メアリとティブを乗せたまま空高く舞い上がると、積乱雲の中にある魔女の国に入る。

魔女の国にある魔法世界最大学府「エンドア大学」に辿り着いたメアリは、校長マダム・マンブルチュークに出会う。メアリを魔女の新入生だと勘違いしたマンブルチュークは校内を案内して回り、メアリを大変気に入る。願書を受け取るため校長室に来たメアリは、魔法の呪文が書かれた「呪文の真髄」を見つけるが、「花」という言葉を聞いたマンブルチュークの態度の急変を恐れ、花の持ち主がピーターだと嘘をつき、そのまま呪文の真髄を持ち帰ってしまう。しかし、マンブルチュークはメアリの正体や嘘を全て見抜いており、ピーターを人質に夜間飛行をメアリに要求する。

夜間飛行を手にティブと共に再びエンドア大学へ来たメアリだが、マンブルチュークに夜間飛行を奪い取られ牢屋に閉じ込められてしまう。牢屋の中には、変身魔法で失敗し怪物に姿を変えられた動物達が閉じ込められており、ピーターやギブもその中に居た。ピーターは、メアリ、ピーター、ティブ、ギブの4人でエンドア大学から脱出することをメアリに約束する。そして、呪文の真髄を持っていることを思い出したメアリは、全ての魔法を終わらせる魔法を使用する。すると、怪物達の姿は動物に戻り、牢屋にかけられていた魔法も解けたため、牢屋からの脱出に何とか成功。だが、エンドア大学から箒で飛び立つ際にピーターがマンブルチュークに捕まってしまい、彼はメアリを1人で逃す。

箒はメアリを静まり返った1軒の家へと連れて行く。そこにあった鏡に突然シャーロットの姿が映り、メアリは彼女に様々な事実を聞かされる。この家は昔シャーロットが住んでいた家だということ、かつて変身魔法の危険な実験に夜間飛行を利用するマンブルチュークから夜間飛行を盗み出した赤毛の魔女の正体はシャーロットだということ。シャーロットから夜間飛行を受け取ったメアリは、ピーターを救うべく再度エンドア大学を目指す。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%81%A8%E9%AD%94%E5%A5%B3%E3%81%AE%E8%8A%B1より引用しています

あらすじはこんな感じです!

 

全体的な感想

先に感想を書いてしまうと最高!ではないけど面白い作品だったと思う。

見る前に(よしときゃいいのにw)そう言えば公開したよなーと思ってちょっと評価調べたらそんなに評価は高そうでもなかったので実はそんなに期待してなかったりしたんだけどね。

まあ気になったら観に行くでしょ? 観に行くよね?

最初のメアリの過剰なまでの空回りでちょっと不安になったのと、最初に猫のティブとギブはなんでシャ~!ってなるくらい危険なニオイが漂ってる花のところにメアリを案内したんだよ!ってとこ以外はかなり小奇麗にまとまってると思いました。

魔法使いの大学とかありきたりな設定もあるけど全体的にわかりやすくて良かったと思う。

 

ただ少し薄味だったのも確か

ピーター

分かりやすかった反面少し薄味だった部分はあるかもしれない。魔法の大学とか出てくる割には生徒と関わりがあるわけでもない。

ピーターとの関係も引越し先でちょっといざこざがあった少年がメアリのせいで巻き込まれた感じだし・・・

ラブロマンスを期待して見る映画ではないんだけど、展開的にちょっとラピュタを思い出してしまうところがあってね。

パズーとシータの関係とメアリとピーターの関係を考えると圧倒的に後者が薄いんだ、この辺は見ればわかると思うけど。

ピーター自体はビビるくらい良い奴で好感が持てるんだけどね。メアリのせいで捕まるんだけど絶望的な状況でも許してくれた上にメアリだけ逃げろとかいうイケメンである。

 

メアリの成長は見どころといっていいかも

メアリ

最初マジで不安になるくらいのドジっぷりが見られ、魔法使いの学校でも見栄をはるし、挙げ句の果てには自分のせいでピーターが捕まってしまうという。

でもピーターを助けにいく辺りからのメアリはかっこいい。かっこかわいい。

最初の方のドジっぷりからは考えられないくらいキビキビ動くようになるし、全てが終わってからも一連の出来事で成長したんだろうなってのがわかる。

最初あんまり好きになれそうにないかなと思ったけど見終わる頃にはメアリへの印象も変わるんじゃないかな。

 

BGMすごくいい

BGMは明確に好みですごい良かった。ピーターとここから逃げよう!ってとことか最後の方の盛り上がりはBGM効果がかなりあったんじゃないだろうか!

どんくらい良かったかって言うとサウンドトラックそのまま買ってしまった!

 

トラック名でいうと呪文の神髄とか夜間飛行2とかすごい好みだった。盛り上がる所たまんねえ。聞きながら書いてまーす。

聞いてて落ち着く曲が多いので作業用にもいい感じ。

 

 

 

 

最後に

スタジオポノックとして初めての長編アニメーションであるこのメアリと魔女の花。

なかなか良かったんじゃないかと思います。絵柄でジブリと比べられるとは思いますけど、これからも頑張っていいアニメを作って欲しいですね!

気になっている人は是非見に行ってみよう! お子さんがいる人は一緒に観に行くのもいいかもしれないぞ!

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク