ドラゴンボール超 ブロリーを見た感想 ドラゴンボールらしい映画になっていて非常に面白かったと思います

ブロリー 劇場特典2
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうもSKです。

久々に映画を見たのでその感想。視聴したのは「ドラゴンボール超 ブロリー」です。

2018年12月14日に公開された映画です。

 

 

ドラゴンボールの劇場版だけは友達と見に行くって言う話に必ずなるのでノルマ的に見に行ったんですが非常に面白かったと思うのでその辺書いていこうと思います。

 

ブロリー 劇場特典2

ちなみにこれは劇場特典。まだもらえるかは知らん!

 

先に書いときますがネタバレ絶対イヤっていう人は読まないほうがいいかも?

というわけでネタバレ嫌だわって人はさっさと劇場に見に行きなさい!!!

 

ブロリーの新しいキャラ付けは良かったと思う

さてブロリーはずいぶん昔の劇場版に登場したキャラクターですが、非常に知名度が高いキャラだと思います。

だって友達とドラゴンボールの話をしていてブロリー知らないやつとかいなかったと思うし。

とはいえブロリーに関しての記憶はさほど残っておらず、「ブロリーってとりあえずめっちゃ強かったよな?」程度の記憶で見に行きました。

 

とにかくカカロットォ・・・なキャラクターだったと思うんですがドラゴンボール超になるにあたって新しいキャラ付けがされていました。

一言で言うと野性的でありながらも素朴な青年って感じでしょうか?

昔のブロリーといえば「俺は悪魔だぁ!」みたいなこと言ってる通りの残虐な印象があったんですが、新しいブロリーはぶっちゃけいいやつになってます。

 

この辺が非常に新鮮だったんですが、悪くないキャラ付けだと思います。昔の残忍なブロリーもあれはあれで好きですけどねww

設定変わったから良くなった、悪くなったってことはなくてこういうやつになったんだなってくらいのことですね。

この辺りがまず昔のブロリー知ってる場合で面白いところかなと。

あ、それとこれのおかげで昔のブロリーとかうろ覚えでも楽しめる感じですね。悟空とベジータがわかればOKな感じです。

 

これぞドラゴンボール!な胸焼けするレベルのバトルシーンが一番の見どころ

ブロリーのキャラ付けも良かったんですが、今作とにかくバトルシーンが多く、そこがすごく良かったと思います。

スタッフやりたいこと全部やったんじゃないかなってくらいドラゴンボールなバトルシーンが多く爽快感があります。

 

南極(だったかな?)の氷原でのスピード感あるバトル、砕け散るどころか吹っ飛ぶ氷山、攻撃がもし地面に当たってたらの久々の地球の心配・・・

まあこれだけ書くといつものドラゴンボールなんだけど、とにかく戦闘シーンが長い。

もしかして1時間以上ドンパチやってるんじゃないだろうか?というくらい長い

 

長いんだけど、悟空とベジータの超サイヤ人のバリエーション(舐めプともいうw)によるアクションシーンで一つ一つのシーンに迫力があり良かったです。

それと戦闘中のブロリーの叫び声はもはや電子ドラッグ。 「アアアアアアアアアアアアァァッ!」

 

ゴジータもかっこよかった


そういえば今回は懐かしのゴジータも登場するのだがめちゃくちゃかっこよかった。

最近の超ではブルーメインだけどしばらく超ゴジータの状態で戦ってくれたのも好印象だった。

まあほらね、やっぱ金髪がね? 一番かっこいいでしょ?

おなじみのフュージョン失敗もちゃんとあってそのシーンも面白い。

ただちょっと強すぎて、ブロリーの新しいキャラ付けのこともありすこしブロリーを応援したくなってしまうのは内緒だ・・・

 

今回の劇場版はしっかり面白かったからおすすめ

ラストは少し拍子抜けしてしまう感じだけど、ブロリーの新しいキャラ付けを考えればそれもまた良しと思えるラスト。

そういう細かい所以外はとにかくバトルシーンが良い。これに尽きる。

胸焼けするって書いたけどやはり見終わってみれば爽快感があったな~、また見てもいいかな~というように思いました。

 

ところで僕は超の映画は神と神、復活のFを劇場で見ていてともにさほど面白いとは思わなかった。「復活のF」に至っては金返せとか思ってた。

でも今回のブロリーは非常に面白かったと思う。

なので僕みたいに前の超の映画はガッカリだったなあっていう人はいい意味で期待を裏切られるかもしれない。

気になってるならぜひ見に行ってみると良いよ。

 

 

こちらも合わせてどうぞ!

  1. 携帯料金、高すぎない?→携帯料金を安くするには格安SIMのmineoがおすすめです!
  2. クレジットカードを初めて作るなら!→初めてのクレジットカードは楽天カードがおすすめ!ポイントが超お得!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク