【書評】 堀江貴文 好きなことだけで生きていく。を読んだので感想

ホリエモン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうもこんにちは、SKです。ホリエモンの本は色々ありますが、1冊くらいは読んでみたかったので比較的新し目で興味のあるタイトルをと思ってこれを選んで読んでみたので感想などを書こうと思います。

 

 

好きなことだけで生きていく。うーん良いタイトルですね。僕も好きなことだけして生きたいです!

さてでは適当にピックアップしつつ感想を。

 

とりあえずやれ

まあとにかく本の内容は一言で言うととにかくやれってこと。抽象的すぎるだろ!と思うかもしれないが何気に行動することは大事なので仕方ないとも言える。

なにせ行動しないことには結局何も変わらない。失敗はしないけど成功もしない。会社勤めで言うとずっと指示待ちのまま給料もらうために仕事を続ける感じかな?

もしかすると将来的には幹部になったりするかもしれないけど、多分あんまり面白くない人生になるかなと思う。ちなみに僕はつまらないと今思っている。

好きなことをやる、好きなことをやってマネタイズする。つまるところ本当に好きなことなことならがむしゃらにやって何かしらお金に出来るように考えられるだろってこと。

 

堀江貴文イノベーション大学校(HIU)

このとにかくやれって部分は終始出てくるホリエモンの作ったHIUって部分でホリエモンはこういう活動してるよっていうのがあって説得力があるかもしれない。

会員が月に1万円の会費を払ってプロジェクトを立ち上げたり月2回あるイベントに参加したりって言う会。正直宣伝色も強いが行動してることの証明しまくってるね。

宣伝色が強いと書いたが、好きなことをマネタイズするっていう風に考えると宣伝べつにいいな・・・? むしろ宣伝するべきだな・・・!

 

副業は「少利口」で「ダサい」

読んでてちょっとドッキーンとした。ただ本質的には、「やりたくもない本業」をやりながら「本当にやりたいライフワークである副業」をせこせこ頑張る姿がダサいって感じかな?

本業を保険にしてやる副業にはピュアな情熱や社会的使命感なんて存在しないだろうとすら言っている。リスクはあるが、それでも好きなことで頑張るほうが無駄なストレスは少なくなり結果もだしやすくなる、という理屈らしい。

これはホリエモン自体も個人的な意見って言ってるし、僕も全員がこの境地には立てねーよなと思う。でも好きなことに全力で打ち込むのだから結果も出やすいと言われれば確かにそんな気もする、好きこそものの上手なれって言うからね。

ちなみに一個に絞れという話ではないよ。嫌なことやる必要ないだろ、ってことね・・・ 難しいけどね・・・

 

中にはオイオイ・・・ってのもいくらかある

99%の学校はいらないとかねw 思考も能力も目的も異なる同世代の子供を集めて金太郎飴のように同じ教育を施す・・・

まあ確かに日本人の皆同じようにあれって言う教育はマイナス要素もあると思うけど、そういう場があるから治安とかがいい部分もあるわけで・・・ そんなわけで僕は学校教育は言うほど悪いもんじゃないと思うけどね。

オイオイ・・・っていうかすげーなと思ったこともあって、ホリエモンは今家も車も何もないってところ。ホームレスとかいうことじゃなくてスーツケース一つで快適なホテルぐらしをしてるらしい。

スマホがあれば原稿も書けるし、移動もタクシーとかを使えば問題なし・・・ってすげーストイックっていうのこれ? 僕にはそこまで削ぎ落とすことは絶対にできないww

 

遊びを仕事にする三つのステップ

これからは遊びが仕事になる、遊びを仕事にできる、らしい。

で、そのためのステップの一つ目が作業にハマること。とりあえずゲームでも読書でもなんでも。

二つ目が思いを持って毎日発信すること。やりたいこととかハマるものがあったらドヘタでもいいからそれを読み手に熱さが伝わるように発信すること。ブログとかSNSとか、色々ありますね。

三つ目が油断しないこと。これだけちょっとわかりにくい! イチローを例にしているけどつまり妥協とか慢心とかをしないってことかな???

で、当然ながら地道にコツコツだけではだめって書いてある。好きなことだけで食べていくために売れたり名前を広めたりするためには地道な努力だけではだめなんだそうだ。

トリッキーな行動を取ったり、極端なアイディアを発信したり、人とは違うことをすることが必要だと。ブログならまあ誰も読まない記事書いてても仕方ないよね。じゃあ全部いい記事に出来るかというと難しいんですけどねえ!

つまりハマってることを発信しろ!ってことになるのでちょっとわかりにくい部分ですね。こういう発信して仕事にって話だとブロガーやYouTuberの広告収入とかがわかりやすくなるのかな? 発信することでチャンスを掴みにいくみたいな話だと思う。

 

最後に

極端な考え方だなって部分も多々あるけど、ホリエモンがやってることや実際に好きなことで生きている人たちの話などもあって今はそういうことが出来る時代なんだなと思いました。

出来ないと決めつけずにやってみてから考える。で、とにかく発信する事が大事。

発信して何になるねんと思うかもしれませんが、もしかしてやってみたらホリエモンを超える何かが出来るようになるかもしれませんよ。あ、もしかしてですよ? まあ発信というのはそれくらいの可能性があるものです。

後20年位したら人間がやらないといけない仕事が減るとか言われてるじゃないですか。それなら本書のように好きなことだけをして生きるのを目指すのもアリなのかなーと思いました。

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク