楽天カードの作り方をこれ以上ないくらい丁寧に説明するよ!

楽天カードマン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうもこんにちは、SKです。

最近携帯料金を安くするために格安SIMに乗り換えることを考えてて、色々準備してるんだけど、格安SIMって大体クレジットカード払いしか出来ないんですよ。

家族ごと乗り換え考えてるんだけど、支払いは別個のがいいよねってことでクレカ持ってない家族にとりあえず楽天カード作らせたんだけど、結構戸惑って色々聞かれたので・・・

まあそういうこともあるかと思ってやたら丁寧に楽天カードの作り方の説明やってみるかーってなもんです。

入会特典のポイントもしっかりゲットしような!

ちなみに申込みはPCでやるのがオススメ。スマホでやろうとしたら銀行を指定するところでうまくページを読み込まなくて結局PCで申し込んだので・・・ 時間帯が悪かったのかな?

入力もPCが楽ですよ。

準備するもの

準備するものはあんまりないです。

 

  • 銀行口座
  • 身分証明書

 

これくらいですね。銀行口座は口座振替用です。つまりクレジットカードを使ったらその口座から引き落とされます。

ネットで申込みが出来ない銀行なら郵送で後から指定できます。郵送はちょっと時間がかかりそうなのでできればネットでそのまま申し込める銀行が良いと思います。

 

身分証明書は運転免許証が楽だと思います。今回は運転免許証で説明しますが、健康保険証なども準備するのが簡単でいいと思います。

 



楽天市場でのお買物がいつでもポイント2倍!

 

それでは申し込んでみよう

楽天カード申し込み

まず楽天カードの公式サイトへ行きます。

 

楽天会員IDを持っていれば入力して進むことになると思います。楽天会員じゃない方は一緒に会員登録する流れになります。大して入力量に差はないと思います。

 

デザインや暗証番号

カードのブランドなどを入力する画面になります。

 

カードブランド

VISA、JCB、Master cardの3つがあるわけですが、正直どれでもいいです。

とりあえず審査に通ってクレカがほしい!ってことならVISAです。次点でMaster card。

何故かVISAではお買い物パンダのデザインが選べないのがつらいところ。なのでお買い物パンダデザインがほしいならMaster cardが無難でしょうか。

JCBには唯一のメリットがあって、nanacoをチャージするときにポイント的に有利なようです。ただ審査が厳しいとの声があるみたいです。

 

暗証番号

暗証番号4ケタを設定します。カードを使うときに暗証番号を求められたときに入力する番号です。

なので忘れないようにしましょう!

 

名前とか入力 メールアドレスなど

楽天カード・楽天ポイントカードからのお知らせについて

この辺まではあんまり突っ込みどころがないですね。しいていうならここ。

楽天からのお知らせを受け取る設定にすると100ポイントプレゼントってことだけど楽天からのメールってマジ大量に来るので嫌な人は受け取らないようにしときましょう。

 

住所など

ご家族について

結婚してるかどうかですね。例えば結婚してて子供がいれば、配偶者有 子供有です。

 

世帯人数

調べるとややこしいんでフィーリングでいいじゃないでしょうか。

僕的には同居してて、生活費などやり取りしているなら同一生計で数えるでいいんじゃないかなと。

別居して一人暮らしなら一人暮らしなので1人、みたいな感じでいいんじゃないかな?

嘘つかなきゃいいんじゃないかな!

 

持ち家かどうか

 

居住状況や預貯金額など

持ち家かどうか、ローンの支払いや家賃はあるかどうかです。 正直に書きましょう。

預貯金額はいくらを支払いに宛てれるかなので適当にいれましょう。

一番下の10万~49万とかでいいんじゃないかなと。

 

勤め先や年収など

配偶者の年収など

収入がある場合や配偶者がいる場合はカード自身の年収と配偶者の年収を入力欄があります。

配偶者の年収は任意みたいです。

年収の額は手取りではなく保険料などが引かれる前の前の総額です。

それと大雑把でいいです。例えば20万2578円とかだったら20万✕12で240万とかでいいと思います。

重要そうだけどそんなもんです。

ちなみにうちの母のを一緒に作ってたのですが、配偶者欄は入力しなくても通りました。

流石に主婦で自身に収入がない場合は夫の年収を入力した方がいいかもしれませんね。

 

世帯年収は世帯の年収をこれまた大雑把に足して書けばいいです。過剰に多かったり少なかったりしなければいいでしょう。

何度もいうけど嘘をつかないことです。

 

請求先など

 

カードの利用目的

請求先は自宅へ。カードの利用目的は普段のお買い物が無難だと思います。

 

リボ払いはやめとけ!

リボ払いが怖いっていう記事じゃないので軽くだけどリボ払いは申し込まないようにしましょう。

簡単に言うとどれだけ使っても設定した額で返済していくっていうシステムだけど暴利です。

知らずに使うと痛い目を見ます。よくわからない人は申し込まないのが無難です!

 

キャッシング枠 借り入れなど ETCカード

キャッシング枠

キャッシング枠はポイントのためには最低30万円にチェックする必要があります。

2000ポイントが欲しければ設定しておきましょう。

 

他社からのお借入金額

ここもそういったものがれば正直に書いておくほうが無難です。

 

家族カード、ETCカード

家族カードは正直作るくらいなら別個で作ったほうがお得じゃないかなあと思います。例えば夫婦なら二人で作れば二人共入会特典とかもらえるわけだし。

ETCカードも年会費がかかるので年会費がかからないカードを作るほうがいいと思います。

 

Edy機能はつけておこう

Edyはコンビニとかで使えるプリペイド(前払い)機能です。

この時はつけとけば500円いれといてくれるキャンペーンだったので、つけない理由がなかったです。

あとついてて困る機能でもないのでつけときましょう。オートチャージはいらないと思います。

 

紹介者ID

紹介者IDは知り合いに楽天カードを持っている人がいれば入れてあげると喜ばれるんじゃないかな!

紹介された側はメリット何もないけど!

 

銀行を指定して次へ

あとは銀行か郵送手続きか選んで次へ。

 

勤務先 勤務先2

 

勤務先情報

ここで勤務先があれば勤務先の情報を記録します。

何も問題なければ勤務先に電話などはかかってこないはずです。

 

運転免許証の有無

運転免許証

運転免許を持っていればここで免許証の番号を入力します。

免許証があればここで身分確認は終了ですかね。

ただ運転免許と現在住所が違ったりするとなにかしらの確認があるかも?

免許証がない場合は届いたときに本人確認できる物を提示する必要があるみたいです。

 

会員情報登録 会員情報登録2

会員情報の登録

あとは会員登録してなかった場合ここで入力情報を元に会員情報が入ってるので、ログインパスワードを決めて会員登録します。

あともうちょいです! 頑張って!

 

口座登録 口座登録2

 

口座登録

ここで銀行口座を指定します。ここは銀行ごとに違うと思うのでそれぞれお手続きを。

大体口座番号と暗証番号くらいなので大丈夫でしょう。

 

同意 同意2

後は住所とかに間違いがなければ規約に同意して終わり!

お疲れ様でした!

 

同意3

あとはメールアドレスに通知が来ていると思うので確認してください。

あとは審査が通ればカードが送られてくると思います。

 



楽天市場でのお買物がいつでもポイント2倍!

最後に

丁寧すぎてくどくね? とか思ったけど気になるところは抑えてみたよ。

自己満足の域だけど謎の達成感があるから良しとしようか!

正直に書けば審査落ちとかはあんまりないと思います。無職でもわりと通るイメージ。

通らない場合はいろんな理由が考えられるけど最終的には支払い能力がないと判断された場合じゃないかなーと。もしくは信用情報に傷があるとか、そんなところだと思います。

あ、それから本当、リボ払いはやめとけよ!

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

こちらも合わせてどうぞ!

  1. 携帯料金、高すぎない?→携帯料金を安くするには格安SIMのmineoがおすすめです!
  2. クレジットカードを初めて作るなら!→初めてのクレジットカードは楽天カードがおすすめ!ポイントが超お得!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク