生のタコでタコ飯作ってみたらとてもおいしかった 生から作るのもイイネ!

生たこめし12
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうもSKです。

スーパーでたまーにすごく安いタコを見かけることがあります。

そこでふと以前干しタコでタコ飯を作ったことがあるけど、生から作っても美味しいのかな?とか思ったので買ってみました。

干しタコってそんなにホイホイ売ってないですからね・・・

 

生たこめし1

手のひらサイズのタコですがお値段税抜き298円。

小ダコとしか書いてなかったので種類はわからないww イイダコとかかな?

これで美味しいタコ飯出来たら、結構ハッピーだよなと思ったのでやってみました。

生のタコの処理とかも覚えておきたいしね。

というわけでこんな流れで作りましたよ!

 

生なのでまずは下処理

生たこめし3

生ですからまずは内臓を取ります。頭をくるんと裏返しにして内臓っぽいところを全部取ってしまいます。

ちょうど指が突っ込めそうなところがあるのでやってみると結構簡単。

内臓は食べれないこともないみたいですが今回はパス。

まあ捨てるか悩むようなところは大抵食わなくていいところがあります。

 

生たこめし2

内臓を取ったら塩でよくもんでぬめりを取っていきます。

程度がわからなかったけど塩でもんで水で流すのを2~3回やったら十分に感じました。

ちなみにザルでやってるけどボールとかの方がいいと思います・・・ ザル洗うの大変ww

 

生たこめし5 生たこめし6

ぬめりが取れたら目と口を外します。

 

生たこめし7

その後沸騰した湯に塩を入れて茹でます。分量は水は適当で塩は大さじ1でやりました。

茹でる際は足からゆっくりつけていくときれいに茹でれます。

 

生たこめし8

あまり茹ですぎると固くなってしまうらしいです。

タコを入れてお湯が沸騰したら3分、という感じに茹でてみました。

 

生たこめし9

茹で終わったら汚れを落とすために軽く水洗いして塩茹で完了です。

味見してみたら塩が効いていい感じ! タコ美味しい!

タコ飯にするのに茹でる必要があるか?と思ったんですが、塩ゆでした時点でタコが美味しかったら生臭くなったりしなくて良さそうかなという狙いです。

というわけで塩茹でが美味しいのでご飯に突っ込んでも大丈夫でしょう!

 

タコ飯にしていく!

生たこめし11

あとはタコを切ってお米と一緒に炊きます。

参考までに材料や分量は以下のような感じで炊きました。

分量

  • お米・・・5合
  • タコ・・・手のひらサイズ3匹
  • 昆布・・・2枚
  • 砂糖・・・大さじ0.5
  • 醤油・・・大さじ2.5
  • 日本酒・・・大さじ3
  • 生姜チューブ・・・5cmくらい

 

タコ以外は調味料と昆布だけでシンプルに作りました。

 

タコ飯、生タコで作っても美味しい!

生たこめし12

はい完成したのがコチラ。

ちょっと薄味になってしまったのですがとても美味しい!

薄味と書いたけど、なんだかんだタコのダシがよく出ていて噛めば噛むほどうまい。

干しタコで作るタコ飯の方が若干うまみが強いと思うけど、生で作っても全然いけますね。

この味が約300円のタコから出るんなら大成功だなあ。

タコというとたこ焼きが一番にでてくる人も多いと思うけど、タコ飯もめちゃくちゃ美味しいです。

安いタコ見かけたら是非作ってみましょう!

 

 

こちらも合わせてどうぞ!

  1. 携帯料金、高すぎない?→携帯料金を安くするには格安SIMのmineoがおすすめです!
  2. クレジットカードを初めて作るなら!→初めてのクレジットカードは楽天カードがおすすめ!ポイントが超お得!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク